主将・副主将メッセージ

池田 親 駅伝主将

私は駅伝主将として、チームを高いレベルまで引っ張っていける存在になりたいと思っています。
箱根駅伝に出場するためには、チーム全体の競技力の高さが求められることは当然ですが、我が筑波大学の長距離チームの現状は、決して競技レベルの高いチームとは言えません。チーム全体の競技力向上のためには、チーム内での争いが必要です。そのためには、一人一人が高い意識と向上心をもって、競技に取り組まなければなりません。そして、そのためには、目指すべき指標が身近に必要である、と私は考えます。だから、私自身がチーム全体の目標となるような強い選手になり、先陣を切ってチームを引っ張っていきたいと思います。
自分を変え、チームを変え、強くなった筑波大学で、今年こそは箱根駅伝に出場したいと思います。何卒、応援よろしくお願いします!

金丸 逸樹 駅伝副主将

「個々がどのようにチームに貢献するか」

最終年の覚悟を持つ4年生、チームの主軸として強い責任感を放つ3年生、成長の可能性を秘める2年生、新たに加わる期待の1年生

今のチームは、箱根駅伝出場に向けて、「自分に何ができるのか」を考えて、実行するレベルの高い集団になりつつあると考えております。

来年こそは…と言い続けて3年、
副主将としての役割を果たすためにも、今の自分の行動、チームに対して何ができるのかを見つめ直し、目標達成のために努力していきます。

応援よろしくお願いします。

コメントは利用できません。

アーカイブ