主将・副主将メッセージ

大土手 嵩 駅伝主将

駅伝主将として、筑波大学を箱根駅伝に導くことが私の役割であり、目標であると考えています。

私は歴代の駅伝主将の方々と比べると、競技力的に見劣りしてしまう部分もあります。しかし、「筑波大学として箱根駅伝に出場したい」という思いの強さは誰にも負けません。

箱根駅伝予選会を突破出来ていない現状を打破するために、月に2回の目標共有ミーティングと練習決定ミーティングを制度化し、チーム全体の意識改革に取り組みました。その結果、チームの雰囲気も良くなり、これまで以上に充実した練習、生活が送れていると感じています。

今年の筑波大学は自信を持って「目標は箱根駅伝出場だ!」と言えるチームです。必ず目標を達成します!

何卒応援よろしくお願いします。

尾原 健太 駅伝副主将

私はチームの成長には、2つの要件が欠かせないと考えます。

1つ目は個々の能力の向上
2つ目は全員がチーム目標達成、チームの成長のために全力を尽くすこと

です。
そして、チームの成長はさらなる個々の能力の向上をもたらします。

つまり、私は、チームの成長は個々の能力の向上をもたらし、個々の能力の向上はチームの成長をもたらすという好循環の恩恵をうけるために、我々はチームに所属して競技をしていると考えています。

ただし、前述したように、個々の能力の向上だけではチームは成長できません。チームが成長できる2つ目の要件である、全員がチーム目標達成のため、チームの成長のために全力を尽くすことが必要です。この2つ目の要件は、非常に面倒臭く、意識しなければ、忘れられてしまう要件だと思います。

そこで、私は、1つ目の要件である個々の能力の向上はもちろんのこと、2つ目の要件である全員がチーム目標達成のために、チームの成長のために全力を尽くすことをチーム全員に意識させ、チームを大幅に成長させたいと考えております。
どうか、このチームにご声援をいただき、チームの成長を見守っていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

コメントは利用できません。

アーカイブ